新・得意先向け発注サイト
「PRO-STORE」OPEN

COLUMN

コーヒーの試飲会行ってみた

コーヒーの試飲会行ってみた!

2019.11.13 | COLUMN

SHARE Twitter Facebook

白井焙煎士の〇〇やってみた!


 vol.1コーヒー豆焼かずに飲んでみた!

vol.2コーヒーミル分解してみた!

vol.3スースーするコーヒー淹れてみた!

vol.4 家にあるものでコーヒー淹れてみた!

vol.5新商品のDBと豆挽きたてのドリップコーヒー飲み比べてみた!

vol.6フライパンでコーヒー豆焙煎してみた!

vol.7白井焙煎士がいないので、ロースタリーに潜入してみた!

vol.8挽き目による味わいの違いを検証してみた!

vol.9コーヒーと様々な出汁を合わせてみた!

vol.10ハンドピックしてコーヒー飲んでみた!

vol.11コーヒーの試飲会行ってみた!(この記事)

vol.12エスプレッソ淹れてみた!


[番外編第1回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)


 

 

こんにちは!

どーも、焙煎士の白井です!

2日遅れの投稿になってしまいました!すみません!

これには理由がありまして、

コーヒーの試飲会行ってみた!

というのも私はただ今、食い倒れの街「大阪」に来ています。

なぜか?

 

11/12,13の2日間にわたり株式会社ワタル様の大阪支社にて、たこ焼きの試食会があるからです!

おっと、間違えました。

コーヒーの試飲会があるからです!

 

せっかくなので今回は普段見ることの出来ないコーヒーの試飲会の様子をお伝えします!

では、いってみましょう!

 

 

「コーヒーの試飲会に行ってみた!」

 

と、その前にですね。

前回の投稿で何気にこのやってみたシリーズも10回目を迎えていました。投稿して何日か後に気づきました…笑

最近はやってみたシリーズ見てますよ!という声を多くいただくようになり、大変嬉しく思います!

 

初めてオープンファクトリーにいらっしゃる方にもいつも見ていますと言われ、やってみたシリーズのテンションでコーヒーの説明をし、見事に空回りをしている今日この頃です!笑

 

これからもよろしくお願いしまーす!

コーヒーの試飲会行ってみた!

さて、コーヒーの試飲会に戻ります。

私たちは普段このような輸出業者が主催する試飲会や実際に生豆を送ってもらって自分で焼いて試飲するなどして様々なコーヒー豆と出会っています。

 

今回はスペシャルティコーヒーといえばこの会社!というほどのスペシャルティコーヒー業界の重鎮、ワタル様の試飲会にお邪魔しました。

今回は年に2回ほど行われる様々な生産国が登場する非常にワクワクする試飲会です!

2日間で15か国57種類のコーヒー豆の味わいを試していきます。

コーヒーの試飲会行ってみた!

資料はこんな感じ。

農園名や品種、精製方法、標高まで様々な情報が記載してあります。

私も知らないことだらけです。

こういう試飲会に来て新たな情報を取っていきます!

 

試飲の仕方はカッピングという専門的な方法をとります。

カップの中に挽いた粉を入れ、直接お湯を注ぎます。4分経ったら上に浮いているコーヒーの粉をスプーンで混ぜてカップの底に沈めます。この行為をブレイクといいます。ブレイクしたら上に浮いているアクを綺麗にすくい、準備完了です。

 

お湯を注いでから10分後、15分後、20分後、25分後、30分後…というように温度による風味の変化もしっかり確認していきます。

コーヒーの試飲会行ってみた!

スプーンですくい、勢いよくすすり霧状にして鼻腔にぶつける!という方法が理想的なのですが、これをやると私は100%むせます。

カッピング会場でむせると「うわっ、ださ。」みたいな雰囲気を感じます。気のせいでしょうか。笑

 

てな感じでバンバン試飲をしていきます。

コーヒーの試飲会行ってみた!

今回気になったのは3種類!!!

その中から1種類ご紹介!

「メキシコのグアダルーペ サフ農園のH-1アナエロビックナチュラル」という豆。

 

私も初めて聞くワードが出てきています。

 

H-1

 

まずは「H-1」という品種。これは説明するとめちゃんこ長くなって途中でみんな読むのやめちゃうと思うので簡単にまとめますね!笑

H-1は科学的に生み出した新たな品種なのですが、普通コーヒー豆って美味しいコーヒー豆が出来たら土に植えればそれと同じような味わいの豆ができ、生産者は量産していけます。つまり何世代にもわたり味わいを継承していけるんです。DNA的に。

 

でも、このH-1は「1世代だけ美味ければいい!」という考えのもと品種改良された品種で、この木のコーヒーチェリーの種を土に植えたとしても、めちゃんこ不味いか、すぐに病気になってしまうんですって!凄くないですか!

 

 

アナエロビックナチュラル

 

そんな天才的な豆を更に専門的な知識をギュッと凝縮した精製方法で処理をします。

それが「アナエロビックナチュラル」。

 

どういう精製方法かというとプラスチックタンクの中にコーヒーチェリーを入れ密閉します。するとコーヒーチェリーは発酵を始め、二酸化炭素を放出します。でも密閉しているので二酸化炭素の逃げ場はありません。どんどんタンクの中の圧力は高まっていきます。その圧力がポイント!コーヒーチェリーに圧力がかかることで甘味成分が豆の中に、中に、浸透!めちゃんこフルーティーで甘いコーヒーになるのです!!!!!

 

 

まとめ

 

とまぁ、興奮そのままに書き起こしたのでかなりマニアックでギークなお話になってしまいました。我を忘れた白井をお許しください。笑

 

でも、私たちはこうした試飲会に定期的に参加して品質の高いコーヒー豆を取りに行っています!

ですので、安心して豊かなコーヒーライフを過ごしてください!

 

ん?

宣伝になってしまった…笑

 

今日のやってみたシリーズはちょっと反省ですね。笑

それでも、コーヒーは奥が深いんだなということを少しでも感じていただけると嬉しいです!!

なかなか試飲会の様子は見ることが出来ないので、今回の記事を読んだ方はラッキーです!

人生得してます!

 

では、今日はこの辺で!

バイバーイ!

 

コーヒーを通じて、豊かなLIFE STYLEを提供します!

フードメッセ2019、ヒポポタマスで出展してみた!!

白井焙煎士の〇〇やってみた!


 vol.1コーヒー豆焼かずに飲んでみた!

vol.2コーヒーミル分解してみた!

vol.3スースーするコーヒー淹れてみた!

vol.4 家にあるものでコーヒー淹れてみた!

vol.5新商品のDBと豆挽きたてのドリップコーヒー飲み比べてみた!

vol.6フライパンでコーヒー豆焙煎してみた!

vol.7白井焙煎士がいないので、ロースタリーに潜入してみた!

vol.8挽き目による味わいの違いを検証してみた!

vol.9コーヒーと様々な出汁を合わせてみた!

vol.10ハンドピックしてコーヒー飲んでみた!

vol.11コーヒーの試飲会行ってみた!(この記事)

vol.12エスプレッソ淹れてみた!


[番外編第1回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)


 

 

このページのトップへ