新・得意先向け発注サイト
「PRO-STORE」OPEN

NEWS

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

「THE LINCOLN」10月は2種類!! 毎月、数量限定でスペシャルティコーヒーのNewCropをお届けします!

2019.08.15 | NEWS

SHARE Twitter Facebook


THE LINCOLN


 

SUZUKICOFFEEがお届けするNewProducts。

THE LINCOLN」。

 

「コーヒー好きの、コーヒー好きによる、コーヒー好きのためのコーヒー。」

 

毎月、スペシャルティコーヒーのNew Crop(本年度収穫豆or収穫から1年以内の豆、お米でいう新米)を150gの商品として、数量限定売り切れ次第終了でお届けします。

 

※スペシャルティコーヒーとは ?

さまざまな定義がなされていますが、生産国において栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、生産地 の特徴的な素晴らしい風味特性が感じられ、欠点豆の混入が極めて少ないコーヒー豆のことです。スペシャルティコーヒーは流通 しているコーヒー全体の約 5% にしか満たないものです。スペシャルティコーヒーの理念は、サステナビリティ [ 持続可能性 ] と トレーサビリティ [ 追跡可能性・輸入経路の明確性 ] をとても重要視しています。

 

10月のNew Crop  2種類


販売開始日  10/10(木曜日)            

A. GUATEMALA Canderalia Caturra

グァテマラ カンデラリア農園 カツーラ

グァテマラ カンデラリア農園 カツーラ

商品を見る

  各直営店ONLINE STOREで販売いたします。

 

 

B. PANAMA La Esmeralda Palmyra

パナマ エスメラルダ農園 パルミラ

パナマ エスメラルダ農園 パルミラ

商品を見る

 

  各直営店ONLINE STOREで販売いたします。

 

 

9月のNew Crop


販売開始日  9/13(金曜日)            

Guatemala Buena Vista Villa Sachi

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

  各直営店ONLINE STOREで販売いたします。

 

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

商品を見る

 

2019年2月、SUZUKICOFFEEはコスタリカ・グァテマラへ視察・買付へ現地農園に行ってまいりました。ブエナビスタ農園も訪問させていただき、精製所である、アグア火山の麓にあるウェットミルBellaVistaも訪問しました、現地の方との交流と、実際の農園に訪れたことでとても思い入れの強い地となりました。

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ,ブエナビスタ農園,アンティグア

019,2月、オーナーで生産者であるルイスペドロさんと鈴木コーヒー白井焙煎士。ペドロさんはブエナビスタ農園、ビジャビスタミル(精製所)のオーナーでもある。

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

グァテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。この自然条件とグァテマラで最初にコーヒーの栽培の始まった伝統から、アンティグアコーヒーは古くから最高品質コーヒーの代名詞でした。

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

現在、このアンティグアを代表するコーヒー生産者がルイス・ペドロ・セラヤ氏です。最新の農学に基づき、きれいに行き届いたシェードツリーの管理、単一品種ごとの栽培、収穫日ごとのマイクロロット管理によって、「アンティグア・コーヒー」のブランドを超えるコーヒーを提供してくれる生産者です。

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

グァテマラ ブエナビスタ ヴィジャ サルチ

【新しいアンティグアコーヒーの探求】

今回、彼が肝いりで紹介してくれたのは、このブエナビスタ農園です。ここでは標高1900mの斜面にコーヒーを新たに栽培しています。アンティグアの農園のほとんどは、盆地の底、標高1500~1600mくらいにありますが、盆地を囲む山々は標高2000m以上あり、高い標高で今までのアンティグアコーヒーを超える新しいアンティグアを作り出そうというのが彼の狙いです。また品種もビジャサルチというコスタリカ生まれの品種を採用、ルイス・ペドロ氏の卓越した栽培技術と合わさり、「伝統あるアンティグア」に新しい1ページが加えられました。

 

中米コーヒー農園視察、買付レポートvol.1[ 🇬🇹グァテマラ編 ]

アグア火山の麓にあるウェットミルBellaVista(ビジャビスタ)[中米コーヒー農園視察、買付レポートvol.3🇬🇹グァテマラ編 ]

 

 

 

8月のNew Crop


Brazil Rio Pardo Fermented Natural

ブラジル リオパルドファーメンテッド ナチュラル

  各直営店ONLINE STOREで販売いたしております。

リンカーン,ブラジル,ニュークロップ

 

精製の工程でコーヒーチェリーを発酵させることでライトボディワインやベリーのようなニュアンスが生まれました。ブラジルらしいナッツの香ばしさ、きび糖やはちみつの甘さを感じることもできます。冷めた時のフローラルでメイヤーレモンのような心地よい酸味はブラジルの概念を軽やかに変えてくれます。

 

 

 ミナスジェライス州ポッソス・デ・カルダスは、古い火山のカルデラの中にあり、カルデラの外側には、ブラジルでは珍しい火山灰性土壌の豊かな土地が広がっており、標高も高く、伝統あるコーヒー産地でもあり、1990年代頃からスペシャルティコーヒーの産地としても世界的に知られるようになりました。(下の地図の赤いエリア)

リンカーン,ブラジル,ニュークロップ

 

ジュンケイラ一家は、とても古い家族で、カイオ氏は6代目のコーヒー生産者です。昔、ブラジルがポルトガルの植民地で、皇帝ドン・ペドロ1世の時代(1822-1831)、ブラジルの広大な土地を開拓し、居住する者に土地が分け与えられました。ジュンケイラ一家は、そのときにポッソス・デ・カルダスで開拓者として成功を収めました。

その後も、土地の分譲が行われ、ジュンケイラ一家は多くの土地を得ました。リオ・パルドはそのひとつです。当時から続いている事業が、コーヒー栽培と牧畜です。

最近15年ほど、彼らはスペシャルティコーヒーに特化しており、100%手摘みで、セメントパティオと乾燥機を使った乾燥を行っています。

リンカーン,ブラジル,ニュークロップ

<発酵ナチュラルという新しい製法>

 今回買い付けたコーヒーは発酵ナチュラルという

新しい製法で作られたコーヒーです。

収穫したチェリーをビニール袋の中に入れ、1-2日ほど寝かし、中の自生の菌が発酵することで、コーヒーに特殊な風味が加わります。

まだ、発展途上の製法で、今回買い付けた発酵ナチュラルでは、フルーツ感のあふれるコーヒーに仕上がっております。

 

 

10月の入荷・販売予定New Crop「THE LINCOLN」


 
Panama Palmyra

パナマパラミラ

 

※近日中に詳細をホームページ上で発信させていただきます。

 

 

7月のNew Crop


COSTA-RICA PUENTE TARRAZU

TYPICA NATURAL

コスタリカ プエンテタラス ティピカ ナチュラル

コスタリカ プエンテタラス ティピカ ナチュラル

 

コスタリカ最高のコーヒー産地の一つ、タラスエリアにある、 スペシャルティコーヒー専用のプエンテ・タラスミル ( 精選場 )。 SUZUKICOFFEEは 2019年、中米農園視察に行き、こちらの農園、精製所にも訪れ、とても思い入れの強い土地となりました。

コスタリカ プエンテ タラス ティピカ ナチュラルは、当マイクロミルの所有農園に植えられている貴重なティピカ種だけを収穫、更に中南米でトレンドとなっ ているナチュラル精製(自然乾燥)したコーヒーです。ウォッシュドやハニープロセスよりもフルーティなフレーバーが特徴の味わい。フルーティで甘く、美しい味わいを作り出す為に時間をかけ作業するので、年間生産量は極僅かです。

コスタリカ プエンテタラス

コスタリカ プエンテタラスマイクロミル

↑何人かの農園主でお金を出し合い建設したプエンテタラスミル。中央の白髪の方が代表のエフラインさん。

左の方が生産者のロドルホさんです。プエンテタラスで一番ティピカ種を育てています。今回のコーヒー豆、コスタリカ プエンテタラスティピ ナチュラルの生産をしている方です。

マイクロミルとは小さなミルという意味でプエンテタラスのような農園主が個人で、または協力して建設した小規模なミルを指します。

コスタリカ プエンテタラス マイクロミル

コスタリカ プエンテタラス マイクロミル 収穫体験

収穫体験。

 

↓関連記事 ぜひ合わせてお読みいただけますと嬉しいです!

「 COFFEE IS FRUITS 」コーヒーはフルーツです。

中米コーヒー農園視察、買付レポートvol.2[ 🇨🇷コスタリカ編 ]

↓insta、ストーリー上でも現地農園動画がご覧いただけます。

SUZUKICOFFEE instagram アカウント

 

 

このページのトップへ