新・得意先向け発注サイト
「PRO-STORE」OPEN

COLUMN

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)

2019.09.27 | COLUMN

SHARE Twitter Facebook

どもども!番外編のお時間がやってまいりました。

↓前回の記事を読んでいない!という方は以下からご覧いただけます。

[番外編第1回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル笑)

 

 

 

おっはよーございまーす!!!

多分ブラジル3日目?の朝です!

時差ボケで日付感覚が崩壊しておりまーす!笑

清々しい朝です。柵越しに綺麗な青空が広がっております。

柵の隙間からスズメが入ってきて僕の朝ごはんを横取りしようとします。

コスタリカ・グァテマラもそうでしたが、中南米のホテルの朝食はほぼ内容が一緒です。

パン・チーズ2種・ハム2種・シリアル・季節のフルーツ。これがデフォルト。パパイヤが香り高くすごく美味しかったです!種は苦いです!食べるものじゃないそうです!笑

腹ごしらえもし、本日はいよいよBOURBON SPECIALTY COFFEES」(*以下BSC)にて買い付け豆のカッピングです!

気合い入れていきます!

さすが世界的に有名な輸出業者(シッパー)だけあってとても綺麗なオフィスです。

ここでは30種ほどカッピングしました。

コーヒーの色を見ていただくと分かると思いますが、黒くないですよね。紅茶みたい。

写真のようなコーヒー豆のカッピング、つまり味見は浅煎りで行います。

理由は簡単で、焙煎香や苦味などは焙煎による後付けの味わいだからです。

豆本来の個性を感じてもらうため、買い付け、品評会などカッピングはこのくらいの焙煎度合で行います。

中には今朝食べたパパイヤの香りがするものもあり、ブラジルのコーヒー豆の印象が変わりました!

1セクション毎に産地、品種、精製方法などを公開。

午前中は丸々カッピングで終わり、午後からはまた農園視察に向かいます。

本日はこの車で移動。FIATのスポーツトラック!日本ではなかなか見ないですよね!

海外に来ると私が密かに楽しみにしていることは日本であまり見ることのない車を見れるということです!

特にスポーツトラックタイプはヨダレが垂れちゃいます。笑

ワーゲンのスポーツトラックもありました!上がる〜笑

カショエイラ農園に着きました。

今日の昼食はこちらで食べます。

野菜いっぱいでヘルシーですが、しっかりとお肉もあります。笑

気持ちのいい天気で、ご飯も美味しい!

 

腹ごしらえをしたらいざ農園視察です!!

こちらは選別機。水の力を使い良い豆と欠点豆を選別します。

パルパー兼選別機

発酵槽。ウォッシュド精法の時に使用します。

これが発酵器!!!

この機会を使い、発酵液の開発や品質実験を行っているそうです。

発酵器は2層になっていて、その間水が入っていてこの水を温めることで発酵温度などを調節することができます。生産者も日々研究しているのですね。

コスタリカの時にも登場したミシュレージリムーバー。

ミシュレージ(甘み成分)を取り除く機械です。ハニープロセスには必需品です。

パティオ(乾燥場)はコンクリートが敷かれていて、地面を見るとコンクリートの破片がちらほら落ちています。焙煎していると麻袋の中に小石が入っていますが、大抵これですね。

後ろにある青のポリタンクも発酵槽です。

様々な方法で発酵実験が行われているんですね!

とてつもなく大きな乾燥機が2台。

倉庫には実験中のホワイトハニーの豆がありました。

カショエイラ農園を後にし、次なる農園に向かいます。

レクレイオ農園

ここは本当にちょっと寄っただけでした。笑

次はハイーニャ農園!

弊社でもこちらの「イエローブルボンナチュラル」を取り扱っています!

ブラジル ハイーニャ イエローブルボン ナチュラル商品ページ。

今年は収穫量が少なかったようで、すでに収穫期が終わりどの農園も静けさがありました。少しだけコーヒーチェリーが天日干しされていましたが、色合いもバラバラだったので売り物じゃないのかな?それとも国内消費用でしょうか?

レンガ造りの倉庫につるがいい感じです!

ハイーニャ農園の頂上に向けて登っていきます。

途中、念願の「コーヒーブロッサム」が咲いていました!!!

書物にはよくジャスミンのような香りと書かれていますが、本当にそうなのか!?

ずぅーーーーーーーーっと確かめたかったのです!

どれどれ、クンクン・・・

うーーーーーん!香り高い!!!

ジャスミン!という感じはあまり感じませんでしたが、華やかで繊細。

そして甘~い香りがします。百合の花っぽいかな?

見た目も綺麗ですね!

品種によって花の付き方、個数が違います。写真はカツーラ種。

花のなったところに実がなります。

つまり、花の付きが多いほど実がいっぱいなるということです!

 

だいぶ登ってきました。

はい、ひょっこりはん!

そしていよいよ頂上に到着!ここで標高1,500mです!

ちょうど夕日が綺麗な時間帯に来れました!感動的です。

そして、頂上には植えたばかりの「ゲイシャ」という品種がありました。

品評会でブイブイ言わせている品種です。とにかく香りが華やかで、クリアな味わい。もともとエチオピアのゲシャ村で発見され、現在は世界中の農園で植えられゲイシャ旋風を巻き起こしています。

このゲイシャが5年後品評会で上位入賞することを想像するとなんだかワクワクします。その時はぜひ購入したいです!相当高いんだろうな・・・笑

BSCの方々と記念撮影。

また会いましょう!なんて言ったりしたら日本に帰ってきて3週間後にSCAJ2019の会場で会えちゃいました。笑

その夜は親睦会を開いてくれました。

ブラジルの有名なお酒「カサーシャ」で乾杯!キビ糖の蒸留酒です。

Alc.40!キクゥーーーーッ!

お次はそのカサーシャを使った「カイピリーニャ」というカクテル。

モヒートみたいな感じですが、侮る無かれ。

これ、炭酸などで割ってないんです。笑

青いレモン、砂糖、カサーシャのみで作ります。

時差ボケ、疲労が重なり、この2杯でノックダウンです。

ホテルに戻ると町のフェスティバルが行われていました。

かっこいいフードトラックがいっぱい並んでいました。

りんご飴も売られてましたよ!親近感!

 

ということで、これにてブラジル3日目が終了です!

今日は移動が多い1日でした!

念願だったコーヒーブロッサムを見ることができ、

美味しいお酒も飲めていい睡眠が取れそうです。笑

 

外ではフェスティバルの音楽が爆音で鳴り響いています。

心地の良いBGMです。笑

明日はカルモデミナスに移動して、カッピングです。

楽しみだ!

「ちょっとそこまで行ってきた[ブラジル編]③」もお楽しみに~

 

おやすみなさーい。

 

白井焙煎士の〇〇やってみた!


vol.1コーヒー豆焼かずに飲んでみた!

vol.2コーヒーミル分解してみた!

vol.3スースーするコーヒー淹れてみた!

vol.4 家にあるものでコーヒー淹れてみた!

vol.5新商品のDBと豆挽きたてのドリップコーヒー飲み比べてみた!

vol.6フライパンでコーヒー豆焙煎してみた!

vol.7白井焙煎士がいないので、ロースタリーに潜入してみた!

vol.8挽き目による味わいの違いを検証してみた!

vol.9コーヒーと様々な出汁を合わせてみた!

vol.10ハンドピックしてコーヒー飲んでみた!

vol.11コーヒーの試飲会行ってみた!

vol.12エスプレッソ淹れてみた!


[番外編第1回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル笑)

[番外編第2回]ちょっとそこまで行ってきた!(ブラジル編)(この記事)

このページのトップへ