一般のお客様
「ONLINE STORE」
法人・得意先向け発注サイト
「PRO STORE」

美味しいアイスコーヒーの淹れ方 〜ハンドドリップ編〜

2019.08.08 | コーヒー豆知識 |

SHARE Twitter Facebook

 美味しいアイスコーヒーの淹れ方
〜ハンドドリップ編〜


おうち時間をちょっと贅沢に豊かに楽しく!!

ご家庭でも”簡単に美味しいアイスコーヒー”を楽しんでもらえるように、

今回は急冷式のアイスコーヒーの淹れ方をご紹介します。

 

それでは、スタート!!

 

 

 

STEP1


⭐︎用意するもの

①ケトル

②スケール

③ドリッパー

④サーバー

⑤ペーパーフィルター

⑥お気に入りのグラス

以上の6点を用意します。

 

 

今回使用している、ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルターはHARIO(ハリオ)。

HARIO V60レンジサーバー600クリア[XGS-60TB]

 

 

HARIO V60透過ドリッパー02クリア [VD-02T]

 

 

 

HARIO V60用ペーパーフィルター02W [VCF-02-100W]

 

 

 

 

STEP2


サーバーに80gの氷を入れます。

氷はご家庭にある製氷器の場合、約4〜5個分が目安。

 

 

 

STEP3


 

ドリッパーにセットする前に・・

ペーパーフィルターを下準備します!

 

 

円すいフィルターは縫い目(付着部分)に沿って折ります。

 

 

 

フィルターを広げて、赤三角部分のように先端を三角に折ります。

そうする事で、ドリッパーにしっかりと安定します。

 

 

 

 

STEP4


次にコーヒー豆を20g用意します。

今回使用するコーヒー豆は、「エチオピアシダモG-4フレンチ」

挽き方は「中挽き」がおすすめ。

ドリッパーとフィルターにセット。コーヒー粉を平らにならします!

 

 

 

STEP5


 

全体に馴染ませるようにお湯を注いでいきます。(お湯の温度は85℃〜90℃がベスト。)

一投目は30gのお湯を注ぎ、30秒蒸らします。

 

 

 

STEP6


二投目は中心に円を描くようにお湯をゆっくりと細く注ぐ。

お湯をゆっくり淹れると味わい深くなり、早く淹れるとあっさりとしたコーヒーが出来ます。

この時に抽出量が250gになるまで注ぎます。(出来上がり量)

 

 

 

STEP7


抽出したお湯が落ちきるまで待ちます。(新鮮で挽きたての豆がポイント!)

 

 

 

STEP8


落としきったら攪拌し、サーバーに入っている氷をできるだけ溶かしきります。

 

 

 

STEP9


お気に入りのグラスに氷を入れてコーヒーを注いだら完成です!

 

 

 


おすすめテイスト別アイスコーヒー


 

【スペシャルティ(Specialty)】

スペシャルティコーヒーは流通しているコーヒー全体の約 5% にしか満たない。トレサビリティが明確で、 農園単位で価格が決まり生産者に還元される。


 

・コロンビア サントゥアリオ農園 ティピカ [COLUMBIA SANTUARIO TYPICA]

チョコレートのような濃厚なコク、ラズベリーを連想させ る甘酸っぱさが感じられます。

 

・ドミニカ プレンセサ ワイニー ナチュラル [DOMINICA PRINCESA WINY NATURAL]

トロピカル、フローラルブーケの華やかな香りで、
フルーツキャンディーを想わせるフルーティな甘みを持ちます。

 

 

【酸味(Acidity)】

香り高く、まるでフルーツをかじっているような味わいを感じる。アイスコーヒーにすると紅茶のようなフルーティーさを感じる。


 

 

・キリマンジャロAA [KILLIMANJARO AA]

綺麗な酸味としっかりと感じられるコクが特徴。

 

 

【苦味(Bitter)】

コーヒーを長くローストしコクや苦味を感じるようなコーヒー。暑い夏にはガッツリとした苦味を感じれるおすすめの豆。


 

・エチオピア シダモ G-4 フレンチ [ETHIOPIA SIDAMO FRENCH]

花のような甘い香りで、後味に甘い余韻が続きます。

 

・マンデリン ゴールドトップ [MANDHELING GOLD-TOP]

大地のように力強く、マンデリン特有の風味や味わいを有す唯一無二のコーヒー豆。

 


 

 

↓直営店紹介ページ

直営店,珈琲,コーヒー,鈴木コーヒー

 

 

↓鈴木コーヒーオンラインストア

鈴木コーヒーオンラインショップ

 

 

 

ぜひ、アイスコーヒーを淹れて楽しいサマータイムを!!

このページのトップへ