新・得意先向け発注サイト
「PRO-STORE」OPEN

COLUMN

グァテマラ

中米コーヒー農園視察、買付レポートvol.1[ 🇬🇹グァテマラ編 ]

2019.03.19 | COLUMN

SHARE Twitter Facebook

🇬🇹グァテマラ、コーヒー農園視察、買付レポートvol.1[ グァテマラ編 ]


 
 2019年2月、SUZUKICOFFEEはコスタリカ ・グァテマラへ視察・買付へ現地農園に行ってまいりました。
 現地に行った鈴木コーヒーの焙煎士は、
「今まで疑問だったことが現地にくることによりものすごい勢いで解消され、更にそれを上回るスピードで新たな情報で溢れている。」と、興奮気味に現地から報告してくれ、漏らすことなく全てを吸収し、日本に新潟に帰ってきてくれました。
 このページは現地のコーヒー農園や精製所、コーヒー文化、国、街の様子をご報告をいたしたいと思っております。ぜひご期待いただき、ページをお進みください。情報量が多く、数回に分け記事をUPさせていただきます。今回のvol.1とvol2は時系列の概要となっております。他にもカテゴリー、内容を絞った記事をあげる予定です。よろしくお願いいたします。
 また、下記のInstagramアカウントのストーリー上でも現地の様子が動画でご覧いただけます。ぜひ、そちらものぞいてみて下さい!
 
 
 

 

 


2月 3日
成田(発) ヒューストン(着)/
Intercontinental ヒューストン(発)/Intercontinental グアテマラシティ(着)/La Aurora
 
 
 

🇬🇹グァテマラ


 
 
 

 グァテマラ視察・空港、市街地の様子


 
 
カラフルなモニュメントはお国柄が感じられる。
 
 
 
 
 
 

グァテマラシティの街並みここで標高1500m都心部はビルなども立ち都会的な印象だが、10分程度車を走らせばトタンで作られたような家々がひしめくように山岳に並ぶ。色合いが非常にカラフル。売店などは強盗対策で鉄格子越しに会計をするところもある.

 

 

 
 
 

アンティグア地区


 

 
コーヒーチェリーの産地でとても有名なアンティグア地区。日本でいう京都のような歴史ある街並み、1979年に街全体が世界文化遺産として登録された。歴史背景にはマヤ文明があり、建物はバロック建築。
 
 
 
 
 
 

Bella Vista(ビジャビスタ)


 

アグア火山の麓にあるウェットミル(精製場)

 

 

下記の写真がパティオ

 
 
 

58種カッピング


 
 
 

グァテマラの郷土料理


  
 
 
 

ブエナビスタ農園


 
 
 
 
 
 
 
 

グァテマラ最大級の農園、山全体がコーヒー農園、一定の間隔を空け植えられたコーヒーチェリーは高品質な実をつける。コーヒーチェリーの高さは品種、年数によって変わる。コーヒーチェリーを摘む人=[ピッカー]は農園内に代々住んでいる人が多い。ピッカーさんがお金を貯めて農園を持つこともある。

 
 
 

Bella Vista(ビジャビスタ)精製法見学


 

こちらは新ためて1つの記事にして詳しくお伝えしたいと思います。

お待ちください。 

 

グァテマラ2日目


 
 
 

ラフォリ農園


アンティグアの街中にある農園。時間がなくここは視察はできなかったが、記念写真を一枚。都心部に近いのでブエナビスタに比べて標高は低く1500m程度標高が低いと美味しくないとは一概には言えないが、やはり標高が高いところで育ったチェリーの方が甘みがあった。

 
 
 

カンデラリア農園


オーナーのルイスペドロさんと記念撮影。彼はブエナビスタ農園、ビジャビスタミルのオーナーでもある。つまり、めっちゃお金持ち(笑)。

 

コーヒーの木の発芽の様子、次に苗床に移す。オレンジの部分がさび病、胞子が飛び、蔓延する。

昨年噴火したフエゴ火山20分置きに噴火している。

 
 
 

ダリオさんの畑


農園というよりは畑という感覚に近いとのこと。ダリオさんの娘さん。そしてピッカーさん。

 
 
 

再び31種のカッピング&昼食&グァテマラエルインフェルトウノ農園の直営カフェを訪問


グァテマラでは合計89種の豆をカッピングしました。グァテマラの主食、ご飯、漬物、納豆のような感じ。グァテマラCOEでこれだけ多くの優勝を経験しています。

 
 
 

[現在SUZUKICOFFEEが扱うグァテマラのコーヒー豆]


SPECIALTY COFFEE

グァテマラ・アンティグア レタナ レッドブルボン

グァテマラ・エルインフェルトウノ農園 ブルボン

SINGLE ORIGIN COFFEE

グァテマラ・SHB

このページのトップへ